夢と希望を大地に建設し、技術と誠意で地域社会に貢献する


華やかに咲き誇る桜、輝く太陽、泣く鈴虫、一面の銀世界。
世界に誇りうる恵の顔。
春雷、大雨、なだれ、そして地震。
厳しく恐ろしい怒りの顔。
人類は、自然の中に生かされ、自然とともに在る。
砂防、河川改修、橋梁建設を含む道路の新設、公園の建設など、
藤本組の仕事の総てが故郷の気候、風土に適した国土の開発により、
豊かで安全な住みよい社会つくりを、ゆとりある生活を生み出すもの。
藤本組は大いなる誇りと自信をもってこの仕事に取り組んでいます。